広告 こどもの英語

【意味ない?】おうち英語が意味がないといわれるの3つのワケ、効果的な学習法5選

疑問
疑問

・おうち英語をしているけど、全然身についている感じがしない。

・せっかく時間とお金をかけているのに、おうち英語って意味ないのかな?

こんなお悩みを解決します。

私自身もずっと「おうち英語」をしてきました。学校の英語教育だけのママが、こどもに英語を教えるための情報が少ないんですよね。もちろん英語教室やインターナショナルスクールに入れれば、多少なりとも英語を理解できるようになります。(話せるようになるかは別です。)

しかし、そんな環境にこどもをいれることが出来る人は多くはないと思います。そんな方向けに、「英語を理解する土台作り」はおうち英語でできます。

実際、7歳のこどもは英語の理解、2歳のこどもはカンタンな会話は「おうち英語だけ」で出来るようになりました。

今回の記事でわかること

  • おうち英語が意味ないと感じる3つのワケ
  • おススメの学習法5選

まずはここから始めることで、おうち英語の意味のなさを解消し、こどもの英語力を着実にのばしていきましょう。

「おうち英語が意味ない」3つのワケとは?

「おうち英語が意味ない」3つのワケとは?

ポイント

  1. 英語学習のスケジュールをたてる
  2. 正しい教材を選んでいない
  3. 親の英語力

1.英語学習のスケジュールをたてる

おうち英語を始めるとき、まずは目標設定が大切です。何のために英語を学ぶのか、どんなレベルまで目指すのかを明確にしましょう。

  • こどもの年齢や英語レベルに合わせた目標を決める
  • 目標達成のために必要な学習時間を考える(小学生:英検など)
  • 毎日の学習スケジュールをつくって、やってみる
  • こどもの英語学習の状況を確認し、定期的に計画を見直す

2.正しい教材を選んでいない

こどもの年齢や英語レベルに合った教材選びは、必要です。幼児は、歌やゲームを通して英語に親しむことが大切。小学生になると、読み書きの学習も取り入れながら、少しずつ語彙力や文法知識を身につけていきます。

  • 子供の興味や関心にあった内容であること
  • 自然な発音や表現が含まれていること
  • 学習レベルがこどものレベルに合っていること
  • 継続的に使用できる教材であること

3.親の英語力

おうち英語をすすめていくと、親の英語力があるとより良いです。私も学校で学んだ程度の英語力ですが、会話の中で取り入れるようにしています。

  • 英語の絵本を一緒に読む
  • 英語の歌を歌ったり、ゲームをしたりする
  • 英語の動画を見て、おはなしする
  • 日常会話の中で、カンタンな英語表現を使ってみる

例えば、「i did it(できたよ)」「good、Great(すごいね)」「Good job(がんばったね)」など。

悩む人
悩む人

ちょっとした表現で英語を日常に取り入れることのはカンタンですよね。

親が英語を勉強する姿をこどもに見せることも、大事ですよね。

私もいま、英語の学びなおしをしています。一緒に頑張りましょうね。

はるママ
はるママ

「おうち英語」を効果的にする5つの学習方法とは?

「おうち英語」を効果的にする5つの学習方法とは?

ポイント

  1. 英語学習のスケジュールをたてる
  2. 正しい教材を選んでいない
  3. 親の英語力

1. 毎日の学習習慣をつける

毎日まなぶ習慣がなによ大事です。長時間の学習は必要ありません。週1回の英会話教室よりも1日10分から15分程度の短い時間でも、毎日続けることが大切

  • 子供の集中力が続く時間帯を選ぶ
  • 学習の始まりと終わりの時間を決めて、習慣化する
  • 毎日同じ場所で学習するようにする
  • 子供の頑張りを認め、ほめてあげること

2. 英語に触れる環境を作る

子供が英語に触れる機会を増やすことで、自然と英語への興味や関心が高まります。おうちの中で英語の環境を作ることで、日常的に英語に接することができます。

  • 英語の絵本やマンガを揃える
  • 英語の歌やチャンツ(リズムに合わせて英文や英単語を発音する学習方法)を流す
  • 英語の DVD やアニメを見る
  • 英語のポスターや単語カードをにはる

3. ネイティブの発音を真似する

正しい発音は、英語学習の土台となります。子供のうちから、ネイティブスピーカーの発音をマネすることで、自然な英語の発音が身につきます。

  • シャドーイング(聞こえた英語をすぐにマネして言う練習)をする
  • 口の動きを意識して、大きな声で発音する
  • 英語の歌やチャンツを歌って、リズムに乗りながら発音する
  • ネイティブスピーカーの動画を見て、口の動きを観察する

4. 英語で話す機会を増やす

英語を使ってコミュニケーションをとる経験は、大事です。

言葉はコミュニケーションをとるための道具ですもんね。

はるママ
はるママ

こどもが英語で話す機会を増やすために、以下のような方法を取り入れてみましょう。

  • 英会話教室やサークルに参加する
  • オンライン英会話レッスンを受ける
  • 家族で英語の日を設けて、一日中英語で過ごす
  • 英語でカンタンな質問をしたり、答えたりする

5. 楽しみながら学ぶ工夫をする

一番はこれ!

はるママ
はるママ

一番はこれ!

こどもが英語を楽しいと感じること。以下のように、遊びを取り入れながら、英語に親しむ工夫をしてみてください。

  • 英語のゲームやクイズで学ぶ
  • 英語の歌や手遊びを取り入れる
  • 英語の絵本を読み聞かせる
  • 英語で絵日記やスケッチブックを作る

まとめ

こどもの英語は「おうち英語だけ」で確実に土台作りはできます。大切なのは、こどものペースに合わせて、ムリなく続けること。小さな頃から英語に触れることで、自然と英語への興味でてきて、将来的な英語力の向上につながります。親子で協力し合いながら、楽しくおうち英語に取り組んでいきましょう。

-こどもの英語